各種ビフォーアフター3

お問い合わせはこちら

床暖房 before after編

遠赤外線システム

健康床暖房「燕の暖」 before after

畳の健康床暖房

下地作り

古い畳を取り外し専用畳の厚さ(15㎜)に仕上げる為、下地の加工(根太張り)+べニア張りを造作

遠赤外線シート張り

遠赤外線のシートをお部屋のサイズに合わせ敷き詰めます。シートに電気配線をして抵抗値を測定します。

専用畳敷く

床暖房専用畳(厚さ15㎜)材質:イ草をお部屋のサイズに合わせ敷き詰めます。場合によっては畳の下に薄いべニアなどを敷くこともあります。

フローリングの健康床暖房

既存のフローリングの状況

既存のフローリングは長年の傷があり、水平を調整する為に、Zロン(床緩和材)を敷き詰めました。

遠赤外線シート張り

床の水平を保ち遠赤外線シートを張り、4回路の電気配線工事の後に抵抗値を測定し安全を確認。

新しい樹脂性のフローリング張り

釘やボンドを使わずクリックの付いた樹脂性フローリング張りをしました。

15年前のフローリング

まだ新しい感じのフローリングでした。

遠赤外線シート張り

シートの電気配線を施工するにあたって配線の部分だけ溝掘り加工し、抵抗値を測定します。

樹脂製の床材張り

クリックの付いた樹脂製のフローリングを張り完成です。

電気カーペット

電気カーペットが敷いてありましたが、テーブルを設置する事ができないとの事。

遠赤外線シート張り

厚さ6㍉の断熱材を敷き詰め遠赤外線シート張りをしました。

フローリング張り

樹脂製のフローリング張りをして完成しました。

遠赤外線シート張り

遠赤外線シートをリフォームの工程に合わせて敷設。床下の配線工事をして抵抗値測定します。

床張り完成

リフォーム工事で大工さんに床張りをしていただき、リモコンを最後に付けて完成しました。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。