遠赤外線健康器具「日だまり」

お問い合わせはこちら

遠赤外線健康「日だまり」

遠赤外線健康器「日だまり」

そもそも遠赤外線とは何でしょう?「遠赤外線という名前は聞いた事あるけど、詳しくは知らない!」という方が多いのではないでしょうか。「健康にいい」とか「暖まる」イメージをお持ちの方もいるかもしれません。世間一般に「遠赤外線」という言葉は広まっていますが、実はこの遠赤外線、現在は医療現場で活用されるほど、健康に対してとてもいい効果があります。遠赤外線のことを知って、毎日健康で元気に過ごす方法を手に入れてください。「日だまり」は、持ち運べる健康器具として、腰痛、ひざ痛、肩こり、冷え性でお悩みの方に、遠赤外線の中でも「育成光線」と呼ばれる生物に欠かせない光を使って、体を芯から温めてもらえる商品です。専門整体師も推奨!!全国の接骨院・医療施設でも使用されています。がん治療で今話題の、「温熱療法」にも使われています。

遠赤外線の3つの特徴

1 遠赤外線は電波やX線などと同じ「電磁波」の一種です

遠赤外線とは、太陽光線に含まれる、ガンマ線や可視光線、電波などの様々な『電磁波』の一種です。ただし、電磁波と聞くと少し体に悪いように聞こえると思いますが、電磁波には「身体に危険な電磁波」と「身体に有効な電磁波」があります。遠赤外線は、電磁波の中でも「身体に有効な電磁波」とされています。「赤外線」は可視光線より「外側」にあるため赤外線と呼ばれます。また、赤外線の中でもより可視光線に近い波長(0.75㎛~1.5㎛)を「近赤外線」、可視光線から遠い波長(3.0㎛~1000㎛)を遠赤外線、その中間を「中赤外線」といいます。

2 遠赤外線は物体を直接温めます

①遠赤外線はマイクロ波と同じ原理で物体を温める

電子レンジが物体を温める原理はご存知でしょうか?電子レンジ内でマイクロ波を発生させ、物体の水分子を振動させて、レンジ内にある物体を温めています。

実は、遠赤外線もマイクロ波と同様に、物体の水分子を振動(分子活動)させて物体を温めています。

さらには遠赤外線という光(電磁波)により、物体を温めるので、遠赤外線を放射するものと温める物質の間に冷たい風が吹いていようと、遠赤外線が物体に直接吸収され、物体を温めるのです。

ただし、1-1の図にもあるように、マイクロ波は人体に有害な電磁波ですが、遠赤外線は人体に無害な電磁波なので、遠赤外線によって暖まることは体にとって害はありません。

②日向に出ると暖かいのは太陽光に含まれる遠赤外線のおかげ

日陰にいると寒いような日でも、日向に出たとたんに暖かく感じることはないでしょうか?それは、太陽光に含まれる遠赤外線による効果です。太陽と人間の間に冷たい空気があっても、太陽からの遠赤外線を人間は直接吸収することができるため、すぐに体が暖かく感じるのです。

 

3 遠赤外線はすべての有機物から放射されています

遠赤外線は絶対零度以上の温度を持つ有機物すべてから放射されています。

①岩盤浴はゲルマニウムなどの石を温めることで遠赤外線を放射している

岩盤浴などは遠赤外線効果がうたわれていますが、これも有機物である様々な意思を温めることで、その石から遠赤外線を放射し、人体に吸収させています。

②人間は約9㎛の遠赤外線を放出している

人間も例外ではありません。人間からも遠赤外線は放射されています。人間の体温の理想値は36.5~37.0℃と言われていますが、この36.5~37.0℃の有機物から放射される遠赤外線の波長が約9㎛なのです。

育成光線とは

健康と美容にいい遠赤外線の効果は6つ

(1)共鳴作用で血液がサラサラに

人体には多くの水分子が存在します。通常、水分子はくっついて集合体として大きくなろうとします。育成光線の共鳴作用には、この分子同士のくっつきを阻害する機能があります。阻害することで、分子が小さいままでいられるため、血流やリンパの流れがサラサラになります。しかし、くっついて大きくなってしまうと、分子が大きくなってしまい、血流やリンパの流れなどに影響を及ぼします。

(2)老廃物が排泄されやすくなる

さらに共鳴作用には体内にある老廃物にも働きかけます。サイズの大きい老廃物は動きづらいですが、共鳴作用により動かすことができ、共鳴作用でよくなった血流にのって排泄されます。

(3)全身の細胞の代謝が良くなる

育成光線には毛細血管の拡張機能もあります。これにより、全身の血流が良くなり、体が温まります。

(4)身体が早く温まる

遠赤外線での温まり方は、周りの気温や空気に冷たさにかかわらず、物質が早く温まることです。遠赤外線で早く温まる効果を「輻射(ふくしゃ)熱」と言います。

実はこの輻射熱は日常的に体験しています。それは、「太陽の光で温かい」と感じることです。

日陰にいると寒いと思うような気温でも、日向にいるとすぐに温かいと感じることができると思います。

これは、太陽光に含まれる遠赤外線の効果で、日向に出たらすぐに「温かい」と感じる理由なのです。

(5)身体の内部が温まる

遠赤外線の輻射熱で体が温まると、内臓などの体の内部まで温まるので、体がぽっかぽかになります。

遠赤外線は皮膚の0.2mmのところで、熱エネルギーに変換されます。さらには後述する分子活動を活性化することで、皮膚近くにある毛細血管内の血液が温まるのです。

血液は循環するものなので、皮膚表面で温まった血液は、体全体をめぐります。皮膚0.2mmの深さで温まった血液が肝臓や腎臓、胃などを温めて、体の内部から温まるのです。

(6)一度温まると冷めにくい

遠赤外線の輻射熱で体が一度温まると、遠赤外線を受けなくなってもすぐに体が冷えず、温かさを保つことができます。イメージでいえば、温泉にゆっくり浸かった後、温泉から出ても体がしっかりと温まっているので、すぐに「寒い!」とはなりません。これにより、遠赤外線で体を温めるのは急な血圧上昇をしないなど、血圧対策によいと言われています。

省エネタイプ 日だまりに採用される炭素繊維はニクロム線に比べて昇温速度が速く、発熱効率も高いので、電気代も安くて経済的です。

安心発熱体とコントローラーに採用されている二重のセーフティー機能によって、火災の心配がなく安心・安全で使用できます。

「日だまり」使用方法

寝ながら

就寝時に布団の中で使用可能。

くつろぎながら

仰向けでもうつ伏せでも使用可能

布団をかけて

こたつのように下半身を温める

座ったまま

座布団やいすに座って腰を温める

立ちながら

台所でも足元から温める

座ったまま

足湯のように足元を温める

遠赤外線健康器具の一覧

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。