東  京  店 東京都港区南青山2-2-15
                八王子店  八王子市谷野町814-1
                本     店 長野県松本市松原36-11

受付時間
平日9:00~18:00
 
 定休日 
土曜・日曜・祝日
 

      美容と健康はこちらへ

お問い合わせはこちらから
0120-503-095
FAXはこちら
0120-933-124

冷え性の原因と対策

冷え性

冬の寒さはもちろん、夏にはエアコンの効いた涼しい部屋と暑い外気との気温差による自律神経の乱れや、冷たい飲み物や食べ物による内臓の冷えで、一年中冷えている人が多いんです。 夏バテや肌荒れも実は冷えと深く関係しているんですよ! お腹や足首は冷えていませんか?冷たい身体じゃデートも楽しめませんね。

夏でも体が冷えて体調が良くない

クーラーを付けていてもひざ掛けが手放せない

簡単にわかる冷え性のチェック。

1度の体温低下で基礎代謝量は約12%落ち、免疫力は30%以上低下する。

■身体が冷えると・・・

血管が収縮 → 血行が悪くなる → 代謝が落ちる → 排泄能力が下がる → 老廃物がたまる → 体調不良 → 病気の原因に!

■冷えからくる主な症状

 赤ら顔、歯茎の出血、頻尿・欠尿、貧血、むくみ、目の下のクマ、鼻血、手足のしびれ、消化不良、月経痛/月経不順、不妊、腰痛

※体温35度ではがん細胞がもっとも増殖すると言われています。 実は健康な人でもがん細胞は毎日5000個もできています。血行不良で白血球の働きが鈍い状態では免疫システムが正常に働かず、やがて発病してしまう恐れがあります。 逆に、冷え症を治すことで免疫力を上げることができます。 免疫力とは、体内に侵入する病原体などの外敵と戦い、体の機能を維持しようとする自然治癒力です。主力となるのが白血球で、体温が上がると活性化します。 風邪をひいたときに熱が出るのは、この白血球の働きを高めるための自己防衛反応なのです。

 <冷え症の主な原因>
  • 筋肉量が少ない
  • 自律神経の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • きつい下着などの締め付けによる血行不良
  • 低血圧や貧血などによる血行不良
 <タイプ別冷え症チェック:あなたはどのタイプ?>

1.手足末端型冷え症(交感神経が優位になっているタイプ) いわゆる寒がりで、低血圧や貧血があり、胃もたれしやすい、食が細いなどが特徴です。

2.内蔵型冷え症(副交感神経が優位になっているタイプ) 平熱が36℃以下で、風邪をひきやすい、便秘・下痢をしやすい、腰やお腹を触ると冷たいのが特徴です。

3.下半身型冷え症(代謝が悪い、冷えのぼせタイプ) ふくらはぎが重い、午後になると足がむくむ、汗をかきやすい、めまいがする、冷たいものが欲しくなるなどが特徴です。

4.混合型冷え症(1~3が混ざったタイプ) 夏でも靴下をはかないとつらい、夜中に何度もトイレに起きる、不眠気味、血糖値が高いなどが特徴です。

 
 <冷え性の改善策>

体温が上がると血液の流れがよくなり、免疫力が上がります。 免疫力とは、体内に侵入する病原体などの外敵と戦い、体の機能を維持しようとする自然治癒力です。 主力となるのが白血球で、体温が上がると活性化します。

体温を上げて免疫力UP!

7つの改善策の特徴についてご紹介いたします。

◆運動◆ 

週2、3回、一日30分以上の運動をするように心がけましょう。毎日30分のウォーキングやストレッチをしましょう。それに加えてスクワットをすれば、太ももの大きな筋肉を鍛えることで体温上昇と血行UPが期待できます。

◆ストレス発散◆ 

ストレスは血管を収縮させます。リラックスが一番!ストレス緩和に「GABA」の摂取もよいですね。玄米やトマトに多く含まれています。

◆禁煙◆ 

タバコの害は気管支のみでなく、血管を収縮させたり詰まらせたり、さまざまな病気の原因に。さらに病気になった時の回復の妨げになります。喫煙中の方は、節煙ではなくぜひ禁煙しましょう。

◆食事◆ 

身体を温める食事を心がけましょう。身体を温める食材(ショウガ、魚介類、肉類等)と体を冷やす食材をバランス良く取り入れ、ゆっくりと噛んで食べること腹八分目にとどめることがとても大切。 人は大昔から飢餓状態には耐性がありますが、飽食状態には対処するすべがなく糖尿病や高脂血症、高血圧など様々な生活習慣病が発生すると考えられます。

◆鍼灸◆

西洋医学には冷え性という病名はありません しかし、鍼灸や漢方などの東洋医学では「冷えは万病の元」とされています。「気」「血」「水」この3つが身体のバランスを取って健康を保っています。 薬を使わずにツボにアプローチすることで自然治癒力を高めてくれます。

◆入浴◆

身体を温めるためにはシャワーで済ませず、毎日お風呂に浸かりましょう。  ぬるめのお湯(37~40度)で15分以上じっくり浸かるとよいです。長湯が苦手な人は、半身浴や足湯がオススメです。お風呂に入るだけで美と健康を同時にケアできるのですから、こんなに簡単なことはありません。また、湯船にゆったり浸かることで睡眠の質を高めることが期待できますよ。

◆日だまり◆

YS心のクリニック
温熱療法協会顧問
宮島賢也 院長

人間の免疫力は体温によリ、大きく変わります。 体温が1度下がるだけで、30%も免疫力がざがるといわれています。現在、温熱療法が話題となっていますが、この温熱療法とは、体温をあげて、免疫力をあげて、人間の自然治癒力で病気を治すことを目的としております。そして、この温熱治療には体の内側からしっかりと暖める遠赤外線が最適と言われておリ、温熱療法を取り入れている治療院などは、遠赤外線を輻射する商品を利用しています。

 

メールでのお問合せは24時間受付中
お気軽にお問合せください。

お電話でのご相談・お問合せ
0120-503-095

 

0120-933-124

  (FAX番号は全国共通です)

受付時間:平日9:00~18:00 

     
定休日 :土曜・日曜・祝日